キャッシングの申請に必要なものって?収入証明書や保証人は要るの?

キャッシングの申請に必要なものとは?


少額の融資を早ければ即日してもらえるキャッシング。ものすごく便利ですが、その申請にはいくつか必要なものがあります。まずは運転免許証や保険証などの身分証明書ですね。これがないと多くの場合、お金を借りることができません。基本的には、公的機関により発行されるものに限られると考えておいてください。たとえば病院の診察券だとか、図書館のカードですとか、そういったものではお金を借りることはできません。たとえそのカードが、身分証がないと作れないものであってもダメです。身分証明書そのものを提出する必要があります。

ただし最近では、銀行口座の情報を入力することによって本人確認を済ませるという方法もありますので、その点は各キャッシング会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

それでは次に、身分証明書以外に必要なものについて述べておきます。10万円、20万円程度の少額の借金であれば、身分証明書を提出すれば、おそらくそれだけでお金を借りることができると思われます。ただしその金額が50万円以上になると、収入証明書等の提出が必要になる場合があります。そうなると、役所に行って書類をもらって、と多少作業が面倒になりますので、それくらいの額を借りる予定がないのであれば、30万円程度で申請しておかれることをおすすめします。

ちなみにこの借入可能額は、あとから申請をすることによって変更することも可能です。この点も各キャッシング会社に確認しておかれるとよいでしょう。

おすすめのキャッシング業者一覧→キャッシング比較なら.net

保証人は必要なの?

借金といえば保証人が必要なのではないか、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、基本的に、キャッシングに分類されるような少額の借金であれば、保証人を用立てる必要はありません。保証人が必要となるケースは、100万200万といった高額な借り入れをする場合でしょう。キャッシングではそのようなことはありませんので、ご安心ください。

ただし消費者金融もものによっては、あなたの勤め先に、あなたが本当に勤めているかどうか、確認の電話を入れてくることがあります。その際は、会社名を隠して、「私用です」と言ってくれるのですが、はっきり言ってこれは普通にばれますね。あなたがその電話に出られればいいですが、そうはいかないと思います。電話に出た人は、あれはクレジットカード会社か消費者金融からの電話だろうと、容易に想像できるでしょう。保証人とは違いますが、キャッシング申請をしたことが会社のいずれかの人間に知られてしまう可能性があることはご留意ください。

借金のことがバレるとまずいというなら、先ほど言ったように、本人確認の電話は「私用で」とかかってくるわけで、クレジットカードなのかそれとも借金なのかはわかりませんから、「クレジットカード会社の確認の電話でした」と言ってごまかしておきましょう。キャッシング申請は以上のことを踏まえて行ってください。