首イボの治療方法と予防策とは?

急に首にイボのようなものが出てきた、なんて事はありませんか?首イボになってしまうと胸元が大きな服が着られなくなったりして、色々困りますよね。そんな首イボの治療法や予防策などについて、説明したいと思います。首イボの治療法で一番簡単なのは、病院で治療してもらう事です。

皮膚科に行くと、ハサミやピンセットで首イボを簡単に切り取ってもらえます。イボとはいえ皮膚と繋がっているので処置の際には痛みもありますが、首イボは角質の突起ですので痛み自体は少ないです。この処置は即日行ってくれるので、すぐに首イボを治したい時は病院に行く事をおすすめします。

また、病院では液体窒素での処置も行っています。イボを液体窒素で瞬間凍結させ、細胞組織を壊死させます。壊死したイボはかさぶたとなって、自然と取れます。この治療法のデメリットは、何度も治療を行わなければいけない事です。一度の処置では首イボを壊死させられないので、何度か繰り返して処置を行わなければいけません。

また、この治療法はハサミで除去するよりも痛いのもデメリットです。痛みを伴う処置を繰り返し行わなければいけないのが、液体窒素での治療になります。その他には、レーザーでの治療法もあります。炭酸ガスレーザーで一瞬でイボを焼き払ってくれますが、イボの大きさや数によっては病院に何回か通わなければいけません。ただし、こちらの処置は麻酔を使うので痛みがないのが液体窒素との大きな違いになります。

自宅での治療でも、首イボは改善できます。自宅で治療したい人におすすめなのが、「ヨクイニン」という成分です。主にハトムギの種に含まれているこの成分は、肌の炎症や皮膚の再生、保湿などに効果があるとして有名なんです。このヨクイニンを摂取するだけで、首イボの治療には効果的です。

ヨクイニンが配合された市販の塗り薬を使用するのもいいですが、体内に取り込むだけで効果があるので、ハトムギ茶などで手軽に摂取することもおすすめです。ただし、この治療法は病院での治療よりもどうしても時間がかかってしまうのに注意が必要です。せっかく治療をしても首イボが再発してしまったら意味がありませんので、首イボの予防策も同時に行いましょう。

通常、首イボは肌同士や服と肌による摩擦と、紫外線などが原因と言われています。なるべく肌の摩擦が起きないように、常に肌を保湿するのが首イボ予防には大事です。化粧水やクリームを使用して肌の乾燥を防ぎましょう。また、紫外線対策も重要です。外出する時は、必ず紫外線対策を行ってから出歩く事にしましょう。必ず治療したら予防策を行って、首イボとはさよならする生活を送りましょう。

首イボ参考サイトpickup→http://www.haynt.org/