クレジットカードのショッピング枠を現金化する時の3つの注意点

お金が必要になった時は即日融資に対応している大手の消費者金融の自動契約機でキャッシングの申し込みをしてカードを発行してもらうのが主流でしたが、最近ではクレジットカードのショッピング枠を現金化する人が増えてきています。

大手の消費者金融は審査があるので確実にお金を借りる事が出来るとは言い切れませんが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する時は審査がないので確実にお金を準備する事が出来ます。

またクレジットカードのショッピング枠を現金化する時は融資を受けるわけではないので信用情報に履歴が残らないのもメリットになります。

今後はクレジットカードのショッピング枠を現金化するのが主流になってくる可能性もありますが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

個人情報が漏洩するリスクがある

クレジットカードのショッピング枠を現金化する時は業者に依頼しますが、氏名、住所、クレジットカードの番号など個人情報を求めてくる事があります。それで個人情報を伝えてしまうと悪用していろいろな場所に漏洩してしまう可能性があります。

場合によっては個人情報が悪用されて犯罪に巻き込まれてしまう事もあるので注意が必要です。クレジットカードのショッピング枠を現金化する時は個人情報を求めてくる業者には依頼しないようにしましょう。

クレジットカードが強制解約になるリスクがある

クレジットカード会社には規約がありますが、その中にクレジットカードのショッピング枠を現金化する事は禁止となっています。

それで実際にクレジットカードのショッピング枠を現金化した時にクレジットカード会社にバレてしまうと規約違反により強制解約になってしまう可能性があります。

また利用残高も一括返済を求められるので金銭面で大きな負担になってしまう可能性もあります。

手数料が発生して受け取る現金が少なくなる事がある

クレジットカードのショッピング枠を現金化する時に業者によって手数料を取られる事があります。手数料の金額も業者によって異なりますが、中には多く取られてしまい受け取る現金が少なくなってしまう事もあります。

それで損をしてしまう事もあるのでクレジットカードのショッピング枠を現金化する時は換金率だけでなく手数料も確認してから業者を選ぶようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する時はこのような注意点があるのでしっかり頭に入れておきましょう。

また少しでも不審に感じた時は利用するのを止めて安全性を確認するようにしましょう。